ペット葬儀について大切なペットとのお別れに、悔いを残さない為に。

ペット火葬について

ペット火葬後

ペット火葬を行った際、その後皆さんはどうしていますか?ペット火葬後、骨を霊園に預けたり、お墓を作ったりそれぞれだと思います。しかし、全国的に見ると、こういった供養をしている方は少ないようです。ペット火葬霊園に持っていく方より、ペット火葬後、骨壷のまま家に置いておいたり、家の庭に埋める方が多いそうです。移動火葬車などの普及で、家周辺で火葬しお骨をそのまま預かるようです。もちろん、、自宅で供養できる方は良いのですが、ただ放置してあるだけであるならば、一度霊園などに相談してみるといいと思います。ペット火葬後のことも考えてペット火葬を行うとスムーズに供養ができると思います。

日本とアメリカのペット火葬

日本ではペットが亡くなった時、ペット火葬もしくは埋葬をしていますが、アメリカではどういった対応をしているのでしょうか?日本同様、アメリカにもペット火葬を行ってくれる場所はあります。亡くなった時に、獣医の方が近くのペット火葬の業者を教えてくれるのが主流だそうです。ペット火葬業者は、ペット火葬のため亡くなったペットを獣医から引き取ります。その後、数日中にペット火葬を行い、お骨を骨壷に入れ持ってきてくれるかペット火葬業者から連絡があり火葬に立ち会った後、骨壷を選びお骨を持って帰ると言った方法があるようです。その地域によって詳しいペット火葬方法は異なりますが、基本的には骨壷に入れた状態で持って帰るようです。

遺したいもの

ペット火葬後、霊園などに預ける場合ペットは自分たちの傍・生活から離れていってしまいます。そういった時にペット火葬後の骨を納めたメモリアルグッズがとても便利です。ペンダントやガラスのキーホルダー、遺影を彫刻したものなど、様々なメモリアルグッズを造ることが出来ます。ペット火葬を行うと、姿形は跡形も無いため、こういったグッズにして肌身離さず持っている方も多いようです。