ペット葬儀について大切なペットとのお別れに、悔いを残さない為に。

供養方法

ペット供養

大切な家族であるペットが亡くなってしまった時、ペット供養を行う方が増えています。ペット供養とは、お骨やお気に入りだったブランケットなどを霊園に持っていったり、自分なりにペットを思いやることを言います。ペット供養を霊園で行う際、合同供養と個別墓地の2パターンの方法があります。合同供養はペット供養で依頼のあったペットたちを一緒に埋める事を指し、個別墓地はペット供養で依頼があった方のペットを1匹ずつ埋葬することです。皆と一緒に埋葬したほうが寂しくないかもしれない、という思いから合同供養を選ぶ方も少なくはありません。ペット供養の方法は依頼者、霊園によって異なるため、自分にとって、ペットにとって一番ペット供養になると思うペット供養方法でペット供養を行うようにしましょう。

ペット供養方法

ペット供養の方法は1つではありません。お骨を埋葬したり、霊園に納骨する場合もありますが、家になんとなく置いて供養をしている方もいます。ペット火葬の場合は、人間同様それなりの定義がありますが、ペット供養にはそれがありません。そのため、ペットにとって一番いいと思われるペット供養方法でペット供養供養を行う方が多いのです。

心から思うこと

ペットと人間は長い時間、共に生きてきました。悲しいことも、苦しいことも、嬉しい事も、楽しいことも一緒に過ごしてきたからこそ、私達はペットを家族として扱い亡くなった時にはペット火葬、ペット供養を行うようになりました。亡くなったペットがしっかりと天国へ行けるように飼い主が責任をもって供養してあげるべきだと思います。ペット供養はペットを供養するとともに、飼い主の心を安らぐためのものでもあります。自分たちがペットの為を想って納得するペット供養、葬儀を行えるよう家族間での話し合いが大切です。