ペット葬儀について大切なペットとのお別れに、悔いを残さない為に。

ペット供養について

49日

ペット火葬後、一旦ペットの遺骨を自宅に持ち帰る方がいらっしゃいます。これはペット供養の一環で、忌日である49日経った後・百か日たった後・1周忌に霊園に納骨するのです。それまでは自宅でペット供養を行い、霊園に納骨するまでの間充分に気持ちの整理をつけるためでもあります。自宅でもペット供養の方法は様々ですが、仏壇や、お庭、ペットの大好きだった場所にお骨を置いて納骨するまでペット供養を行っているようです。

自分で供養する方法

自宅でのペット供養のやり方・方法はそのご家庭によって様々です。中には、家の中にペット用の仏壇をつくりお骨・遺影を飾ってペット供養を行っている方もいらっしゃいます。また、家の庭に骨壷を埋めるペット供養を行ったり、山や海にお骨を散骨するペット供養する方法もあります。皆さんがどうするかで、ペット供養の方法は変わります。自分が育て、一緒に過ごしたペットに対してどういったペット供養がベストなのか考えてペット供養を行いましょう。

遺骨分け

ペット供養をする前に、家族などに遺骨を分ける遺骨分けも行うことが出来ます。例えば、息子や娘が遠方に住んでいるときなど実家でペットが亡くなった際に遺骨分けを行い、遺骨を少し引き渡すのです。遺骨分けは人が亡くなった際にも行われますが、それと同じような形で行います。遺骨を分ける作業ですので、ペット供養で霊園に預けたり埋める前に行ったほうがいいでしょう。