ペット葬儀について大切なペットとのお別れに、悔いを残さない為に。

ペット供養・葬儀・火葬について

ペット火葬とは

皆さんはペット火葬という言葉をご存知ですか?これは、飼っているペットが亡くなった時に人間同様、火葬場などで燃やし供養することを指します。一昔前まではペット火葬という言葉はあまり使われていませんでした。昔は亡くなったペットを埋葬はするものの、人間同様に葬儀までを行うことはありませんでした。ペット火葬が行われるようになったのは最近のことなのです。というのも、昔はペット=愛玩動物、もしくは番犬など人間と対等にはある買われていませんでした。もちろん、昔の方もペットを大事に育ててはいましたが今のようなペット=家族(人間同様)という感じで扱われることはありませんでした。最近では動物保護法などもあり、動物に対しての意識が変わってきています。このことから、ペットが亡くなった時もペット火葬やペット葬儀を行い、供養するようになってきたのです。ペットは家族、だからこそ私達と同じようにペット火葬を行うのです。ペット火葬が終わったあとに、ペット専用のお墓をつくる方も中にはいらっしゃいます。

ペット火葬の方法

ペット火葬を行う際はまず、亡くなったペットをできるだけ涼しい場所に寝かせておきましょう。亡くなった動物は放っておくと湿気などで虫が湧くこともありますので、涼しい場所での保管をします。また、ペット火葬の方法で棺に入れる際にペット火葬用の棺に合わせて体を形成しておきましょう。亡くなったペットも人間同様死後硬直がありますので、ペット火葬の棺に合わせた体制にし、ペット火葬に臨みましょう。ペット火葬の方法は、人間同様、棺に入れて、家族が見守る中でペット火葬を行う場合、依頼すればペット火葬をしてお骨をいただけるなど依頼するプランによってペット火葬の方法は変わってきます。自分の家族である動物のペット火葬を検討する際は家族とよく相談し、悔いのないペット火葬を行って下さい。

ペット火葬で入れられる物

ペット火葬を行う際に、一緒に棺に入れられるものには限りがあります。これは人間の葬儀とお同じなのですが、ペット火葬は高温の火で遺体を供養し焼くため溶けて無くなるもの、もしくはしっかり燃えるものがペット火葬に入れられるものとなります。プラスチック製のもの・ビニール製の物をペット火葬で入れますと遺体にくっついてしまうこともあるため、そういったものはペット火葬では入れないようにして下さい。できればお気に入りだったブランケットやお花、ぬいぐるみなど燃えるものを入れてあげましょう。ペット火葬を行う際は、ペット火葬を行っている霊園や専門業者、葬儀場の方に詳しい話を伺い、ペット火葬を行うようにしましょう。